放射線治療開始前の友を見舞う

 私の住む街から西方に40km離れた安芸津町を訪れた。

 安芸津町はプロ・ゴルファーの岡本綾子さんや大相撲の安芸乃島さんが生まれ育った静かな町である。「それ行けカープ」を歌う南一生さんもそうだったような気がする。
 安芸津町に住む1級下の友人は長く神奈川県の武蔵小杉で過ごし生家のある田舎に帰郷してきた。10年前彼の妻は早朝突然のくも膜下出血を起こし以来意識不明の病院生活を送り友は天涯孤独な生活を送っている。田舎での生活のため家も建て直すなど準備をしてきたが一人生活するには広すぎる家である。
  昔から奇麗ずきで家の中は独身生活とは思えないほど奇麗にかたずいている。

 彼の唯一の楽しみはカラオケに通うことで週刊カラオケの雑誌を購読し楽譜を切り取りきれいにファイリングしている。CDやDVDも整理され一目で取り出すことが出来るように並べられていた。それにメトロノームまで買ってカラオケにのめり込む友人はそれでいいと思う。

 そんな彼はカラオケに通いながら喉に不調を訴えて一度は手術をしガンでないと診断されたらしい。今回再び声が出なくなって喉頭がんとの診断と放射線治療を要すると治療方針がでた。合計33回の放射線で治療費60万円で明日から治療開始と聞いた。

 昼飯は東広島安芸津町西端の”黒浜レストラン”に向かうがお休みでトンネルをくぐり呉市の安浦町にあるレストラン”灘”に行った。店内は多くの人で賑わい大型ガラス窓の傍に陣取った。窓からはカキ養殖用筏が浮かべられ絵を描くには最高の景色であるが丁度天気が悪く、シャッターを切る気にはなれなかった。

 彼と別れて自宅に向かう。
 道中彼とのつきあいの歴史を思い出していた。良い飲み友達であった。仕事で一緒ということはなかったが。あの頃一緒に働いた仲間達は歯が抜けるように亡くなっている。友の放射線治療の経過が良好であることを願って一路東に進路をとる。

安全支援車購入に10万円補助

 今日の読売新聞・総合2面に「安全支援車購入に10万円」の見出しで記事がでている。以下その記事を紹介する。

 政府は10日、高齢ドライバーによる交通に事故の防止策を強化するため、2019年度補正予算に1130憶円を計上する方針を固めた。65歳以上を対象に、自動ブレーキなどを搭載した「安全運転サポート車」(サポカー)の購入を支援することなどが柱となる。
 サポカーは、周囲の歩行者や障害物を検知して作動する自動ブレーキや、アクセルとブレーキの踏み間違いによる急な発進や加速を抑える安全装置を搭載した車を指す。
 政府は65歳以上の人がサポカーを購入する場合、新車は10万円、軽自動車は7万円、中古車は4万円をそれぞれ補助する方針だ。急な発進や加速を抑える装置を後付けする場合は、最大4万円を補助する。
 政府は20年2月にも補助金の受付けを開始し、サポカーの普及を図る方針だ。
 この他、運転免許書を自主返納する高齢者を対象に、電動アシスト自転車や電動椅子を地方自治体などが貸し出す際の補助金を支援することを通じ、多様な交通手段を確保できるようにする。運転免許保有者のうち65歳以上は約1863万人で全体の約2割を占めている。

 安部総理は10月、高齢ドライバーによる事故が相次いでいるため、サポカーの運転に限定した免許制度の導入など、サポカーの運転に限定した免許制度の導入など、サポカーの普及を加速させる具体策のとりまとめを指示していた。

 以上読売新聞の記事である。

 私はサポカーの新車(軽自動車)を発注したばかりで、まだお金も未払で車も我家に到着していない。今からディーラーに問い合わせ処置を問い合わす。

石田三成の子孫と小早川秀秋の子孫が語る

 今日の読売新聞の”編集手帳”の記事に興味深いことが書かれていた。
 関ヶ原の合戦から来年で420年を迎える。
 先月下関の博物館に武将の子孫が集まり対面したという記事から、西軍の大将・石田三成の子孫秀雄さんと小早川家の子孫・隆治さんも加わっていた。
 秀雄さんは「秀秋は初めから東軍の気持ちで戦いに来ていたので裏切りでも寝返りでもない」と言う。

 一方隆治さんは秀秋の親しい親族が豊臣に処刑されていたので「複雑な胸の内を抱えていたのかも知れない」と応じた。長年過去のご先祖様をながめてきた二人は2年前に出会い交友を深めてきたらしい。

 ややもすれば犬猿の仲にもたとえられる両家の現在の関係は恩讐を越えた状況なのだろう。

 それにしても石田三成の子孫は関ヶ原の合戦後大変な苦労を積み約400年の歴史の中を生き延びられたことであろう。小早川家のその後の末路も手放しで喜べる歴史ではなかったと歴史物には書かれている。

 NHKの大河ドラマ石田三成の子供をかくまった井伊家のことに触れたことがあったがそれが真実であったのだと思える。

 あの関ヶ原の合戦で猛将・立花宗茂が琵琶湖の戦いに割かれていたが、もし関ヶ原に参戦していれば結果は東軍・西軍のどちらに転んだか解らないし小早川秀秋の東軍参加も幻に終わったのかも知れない。

 広島県三原市の小早川家菩提寺・米山寺には第17代小早川隆景の墓までしか存在しない。
 小早川隆景には子供がなく秀吉から毛利家に豊臣家からの養子の話が出て、毛利家の血筋を保つため小早川家に秀秋を養子にもらい受けたと言い伝えられている。

 

軽自動車を買った

 昨夕、女房の仕事が終わるのを待って車屋に行った。
丁度その会社の70周年記念で土・日記念祭が開かれており先日自分一人で車を見に行った。その前の日にも女房と共に他社を見物し軽自動車の中古車相場を知った。

 昨夕ディーラーを訪れたのはもう6時を過ぎ車を見るのには暗すぎる間帯であった。
フル装備で(特に高齢者の事故を防止する類の装置からナビなどの付いた車で)いっさかっさい含めて(税金等も)160万円となる限定車であった。しかも車体色はダークグリーンで少し派手な色合いである。
 自分自身は前日見ており女房はおそらく反対すると思って同行したのであるが、
「良いじゃん」と気に入ったので正直困った。
 70周年記念の限定車でお得感のある車らしい。
 しばらく迷ったが買う決心をし自分のラクティス(10年目車検はこの4月に受験済み)の下取り価格を確かめた。
 「値段のつけようがない」と言う。

 「3万円なら」

 少し悲しい気持ちになった。長年乗った車なのでもう少し値がほしかった。ここで負けずに5万円にと言い張ったが上司と相談すると言って事務所の奥に姿を消し20分後に帰ってきて「中をとり4万円」と回答してきた。

 結局試乗もせず契約書にサインをし年末に自宅に持参することになった。

帰り途に女房と話した。

「もし1週間前に接触事故を起こしてなかったら買換えることはなかった」

 前前から女房は「安全装置のついた軽自動車が良い」と言ってきた。
 車体色はスペインで中古車シビックを購入したがその時と同色なので違和感は無いという。言われてみれば確かにそうだ。

 免許返納は7年後の80歳を予定しているが、その後は女房の運転手付きに乗ることになる。もし生きていればの話であるが。

 

国語力が危ない(文章作れぬ若者)

 読売新聞のコラム「国語力が危ない」が上・中・下と連載されている。

 同記事によると、国際的な学力調査で日本の若者の読解力の低下が浮き彫りになった。
 実際に大学やビジネスの現場で文章を正しく読みと取れない、言いたいことを正確に伝えられないと言う「国語力」の危機を感じている関係者がいる。
 これらの原因の一つにSNSの普及があると考えられスマホを使い友達らと短文でやりとりの出来る「LINE」は単語や略語だけの気軽な「話し言葉」で通じる。
 さらに「読書などを通じて正しい日本語に触れる機会も減っているうえに(正しく書かなくてもいい)環境も生まれた事が言葉の乱れにつながっているのでは武蔵野大学の藤本准教授は語っている。
 それは同感であるが、約20年前に会社で客先に提出すべき報告書(技術論文)をまとめた事があった。国立大学・大学院卒が書いた文書に驚いたことがある。
まずは「て・に・お・は」の使い方や漢字の使い方の間違いなど多くの日本語としておかしい使い方を指摘したことがある。この時点ではSNSやLINEはまだ世の中には実在しない。
 結局はワープロの普及により安易な操作で文章を作成し読み直しを省いた結果だと思った。会社には2重3重のチェック組織がありまだこの時代には機能していた。
 昔他の事業所に応援に行ったとき東京大学・大学院卒の上司のもとで働いたことがある。技術的には自分の方が経験豊富なだけに感服はしなかったが、漢字能力にはまったく頭が下がる程の力の差を見せつけられた。やはり勉強してきた人は違うと痛感したことがある。
 50歳代に会社を辞めてスペインに渡り語学学校や大学でスペイン語を学び日本人のいないスペイン企業に技術者として働いたことがある。会議の席上興奮してけんか腰で会話をするとまずは通じない。感情は通じるかも知れないが、こちらの言いたいことが相手に伝わらない。理論整然と文脈を立てて話すことの重要性を学んだことがある。それと副詞の位置の重大さに気が付いた。

 日本の日本語教室で外国人にボランティアで日本語を教えた経験がある。
 外国人だからこそ正しい日本語を教える必要があり「日本語文法と教え方などの本」を購入し学び直し教えたことがある。外国人は助詞の使い方にてこずる人が多い。

 つい最近大学入試センター試験で英語の問題が話題をよんでまだ未解決であるが、国語力の低下と数学力低下にも注意を置く必要もある。

   こんな下手な文章で毎日ブログを書くのは大変恥ずかしいことではあるが、年寄りの頭の体操程度に見てほしい。年齢を重ねると本を読む根気が薄らぎ、本から遠ざかるため文章を書くリズムを失って読みずらいものになっている。
 「国語力が危ない」が中ではブログを先ず手書きせよと書かれているが、いかに暇人とは言えそんな余裕はない。だからだらだらとした文章しか書けないのかも知れないが。
  


 

NHKの番組で見た合掌土偶と縄文文化

 氷河期が終わる約1万5千年前に縄文時代が始まる。

 弥生時代は今から2500年前に始まり600年~700年間続いた時代である。 縄文文化地球温暖化により落葉広葉樹の森が広がり種子の採取や土砂の堆積により魚介類が豊富に生育した地形や環境が形成され必要により土器や弓が登場しやがて村が出現しおよそ1万年の長きにわたり縄文文化は継続したと言われている。
 この頃の人類は男性157㎝女性147㎝の体格で虫歯が多く東日本に遺跡が多く発見されているらしい。
 これらの検証と裏付けは全て発掘された土器や土偶による考古学者の推論で論文化され我々一般人に紹介され、夢をたどるような話である。

 青森県八戸市の風張1遺跡で1989年に縄文時代後半に作られたとされる高さ19.8㎝幅14.2㎝奥行15.2㎝重さ1050gの合掌土偶が発掘された。これは現在国宝に指定されて八戸市埋蔵文化センター是川縄文館に展示されているとNHKが語っていた。
 この土偶は女性の座産の姿をあらわす土偶であり、女性の性器まで彫られてはいるが胸はほとんどなく生活の苦しさをあらわしているとも言われている。

 一方、近畿地方では石棒(男根を模した大型石器で祭祀形態として受容されていた)が多く採掘されている。
 女性につけ男性につけ種族繁栄が何よりも大事な時代であったのであろう。

 縄文人弥生人が共存した時代も遺跡として残っているが、弥生時代の稲作の耕地面積や水利をめぐり争いが絶えず、九州北部では多くの縄文人殺戮の骨類が残されている。こうして縄文人の農耕化や弥生人の占有化によって縄文時代文化は姿を消していったことだろう。
 縄文時代はおだやかで争いの少ない時代であったとも言われているが、これに対し弥生時代は争いが多くストレス社会の始まりらしい。

 弥生文化は大陸から伝わった稲作文化が基本となった最初の文化である。これは西日本から東北へ伝わって行ったとされている。
 それは考古学者にまかせるとして、我々の歴史は何百年前からなのか何千年前から連綿と生命を繋ぎ、地震・台風・戦や飢饉を乗り越えてきた尊い命である。いきなり昨日・昨年に生まれた命ではない。ひょっとすると祖先は皆親戚にあたるのかも知れない。

 昔から安全な国と言われた日本は西に東に殺し合いを繰り返し、今では安全どころかどうして身を守るかを第一に考えなくてはならない国に化している。

 

 

中村医師狙撃され死亡する

 アフガニスタンにて日本人医師中村哲氏が現地で襲われ同行者5名と共に撃たれて死亡した。およそ30年間アフガンで医療に従事される傍ら、農業用水路の整備等を行い65万人の生活を支えてきた。後20年はアフガニスタンのために働くと言っておられたが残念なことである。

 中村医師は私と同年の73歳で、ボーと生きている私とは違いさぞ無念の死であったろう。同医師の現地での活躍は何度かテレビの特番で見たことがあるが、並外れた日本人感覚の業績であった。安部総理はコメントを出していたがこのような人にこそ国民栄誉賞をと思った。

 
 話がかわるが今日スペインで世話になった残りの家族に缶ビール21本を航空便で送付した。最近スペインの若者の間ではワインよりビールの方が人気があるらしい。夏に他の家族にもビールを贈ったがやはりそういうコメントのメールが返ってきた。
 参考までにビール代4800円、運賃1万3千円であった。

 今送ればクリスマスに間に合う。
歯科医を妻に持つ若い社長は家庭を顧みず仕事に没頭する亭主に対し離婚までをほのめかす険悪な雰囲気だと嘆いていたが、美味い日本のビールでも飲んで仲直りしてほしい。奥様とは家族ぐるみの付合いであるから。
 
 ウクレレの個人レッスンの話をしていなかったが、グループで演奏するためにはもっとリズム感が必要だと思い知らされた。今年の春にスペイン語勉強のために購入したラヂカセは繰り返し演奏やらスピードコントロールの機能があり、これらを利用して何とかリズム感を身に付けたいと思っている。
 一人のソロ演習ではあまり口やかましく言われることもないが。社会に出るとそういう事が必要になってくる。

 最近脊柱管狭窄症の痛みがかなり軽減したので人目を避けて夜な夜な歩行訓練を始めた。夜は寒いが!!