明日も晴れ!人生レシピ「自分スタイルで生きる]

 11月6日のEテレ放送を見た。自分スタイルで暮らす3人が紹介された。
その中で作家の佐々木典士氏 38歳独身の物と時間を徹底的に見つめた生き方が紹介された。
 氏はミニマリストで著書に「ぼくたちに、もうモノは必要ない」を発表し23か国に翻訳され読まれているそうだ。
 服も調度品も最低限度のものを保有し、そのため会社も辞めた。例から示すように適切以上の欲が増大しないような生き方を実践し、世の中に紹介している人である。

 人は皆自分流のスタイルで生きていて、他人流の生き方は出来ないのが普通でNHKの紹介には少し抵抗を覚える。佐々木氏のように会社を辞めることが適切か否か大いに疑問でもある。辞めて他に生業の手段があればよいが。普通は路頭に迷うのが落ちであろう。しかし必要以上の物を持たない考えは賛成である。
 フランス人は6着か8着かしか服を持たないという記事を目にしたことがあるが、これもミニマリスト流の生き方かも知れない。

 年齢を重ねると知らず知らず不要な物が多くたまる。
 お一人様は自分の死後誰がどう始末をつけてくれるのかと心配して早くから服等整理を始めると聞いたことがある。
 元会社の同僚が医師から肺がん(4ステージ)で余命半年を宣告され1年前に亡くなった。お悔やみの挨拶に出かけた時、同僚が先ず最初に行ったことは書類などの身辺整理から始めたと奥様は語っておられた。自分の死に直面した時、人は家族であれ他に迷惑をかけぬため整理を始めるのだと思う。書籍であれ衣服であれ必要以上に持っていなければ整理・処分に多くの時間をかけずゆったりと最後を過ごすことが出来る。

 アパレル業界で長く働いたイケメンの友人がいる。
 彼曰く、新しい衣服を購入した後は必ず古いものを一着捨てると言う。それなら数は増えない。
  私は安物しか買わないので次から次安物を所望してどんどん物が増えていく。とくに教養と知識の足らない自分は昔から本を多く買う。年金生活を始めてから図書館の本をたよりに探すが無い場合ついついネットで安価な中古本を買う。これも本がたまり古紙回収箱に回す。今では電子書籍が安く買えるらしいが読み易いとは思えず馴染みがない。
 妻は何でも(必要な物でも)スパッと捨てる人間なので死後を悩む必要もなかろうが自分もその処分の対象に入っているのかも解らない。


 

カープ丸選手のFAについて

 丸選手は本当にFAでカープを出たいのか?
 その動機が昨年のMVP受賞後のカープ年棒交渉で誠意が見られなかったのが原因と巷では噂されている。昨年の交渉直後の不本意な顔は記憶に残っている。
 丸の人間性の良さを乞い欲しい球団はチームリーダーとして丸を求めている。この事が本当であれば事実と少し違うような気がする。
 カープのタナ・キク・マル・誠也と囲まれ現在の丸の地位があるとも言われている。
 他球団に移ってこれに似た環境があるのだろうか疑問である。
 もし移籍すれば人的保証(一岡投手のように)で他球団では解らなかった素質のある選手を発見するかも知れない。カープ内の起爆材となって若手の成長に拍車をかけるかも。それともMLBから強肩、好打の(昔のシェーン、ライトルのような)選手を探し連れてくる可能性もある。
 
 FA金額が猛烈に高騰している。巨人は30憶とも35憶円を出すとも伝えられ、丸はそんな金を積まれて居心地が良いと感じるのだろうか。いつもプレッシャーの中でプレーしなければならない。本当に丸の価値が高いのであればもっと他の球団が手を挙げても良さそうである。
 ロッテが監督手形を与えると言っているが、丸選手に監督の器量があるのかどうか解らない。元阪神の金本監督のようにFAでカープを飛び出した選手には球団に育てられても、選手を育てる苦労は解ってはいない。
 最近のFAで成功を収めた選手は阪神の糸井選手であろう。糸井選手は日本ハムからオリックスにトレードで出され阪神に移籍した。移籍の理由には納得が出来る。糸井選手がいなければ阪神はもっと成績はよくなかったと思われる。
 もう一、丸選手は走攻守のバランスのとれたプレヤーと言われるがセンターからの好返球で走者を刺すシーンを見たことがない。彼の肩は本当に健在なのであろうか?

 カープ鈴木誠也やSBの柳田・上林の肩はすごい。日本シリーズでの活躍は記憶に新しい。日本のプロ野球界で現在、将来とも活躍が期待されるのはSBの上林、カープ鈴木誠也である。彼らなら30憶円の価値はあるが残念ながらFA権利には到達しない。
 交渉期限は年明けの1月10日らしいが、丸自身が納得する結論を出してほしい。
 カープに残るのも良し、地元のロッテに行くのも良いだろう。巨人だけには行ってほしくないのは正直な気持ちである。

 

せめて余生は楽しく

 最近町内でお亡くになられる方が多く、今月に入って2人目である。家の真向かいの方はつい1週間前に玄関回りの掃除をしておられたのに人の命は解らないものである。最近では葬儀は家族葬で済まされる家が多く後日町内の回覧で知ることが多い。その中で元会社の先輩の奥様が亡くなられたことを知り友人と共にお悔やみの挨拶に出向いた。
 ご主人82歳奥様享年77歳で膵臓がんで亡くなられたことを聞いた。同じ町内に住む者の一人としてご夫婦は仲睦まじいご夫婦に思えた。
  家の中に入って驚いたのは50個を超えるトロフィーや盾が所狭しと並べられていた。これでも整理した残りだと言われる。45歳位からマラソンを始め55歳位でピークを迎えたらしい。全国のマラソン・イベントを探し夫婦で当地を訪れてはご主人がフルマラソンハーフマラソンを完走しては優勝トロフィーや盾をもらって帰り、スイスのローザンヌ・マラソンにも行ったことがあると説明されていた。ご夫婦にとって良き思い出で簡単には始末は出来ないと思えた。1年半の奥様の介護で運動が出来ず体重が5㎏も増え今から調整が必要らしい。

 私の友人も72歳、私と同い年で後10年が余命との自覚を持っている。
 3人の共通した言葉は「いかに楽しく余生を生き抜くか」であるに達した。(私の場合は貧乏しても妻よりは先に逝きたいと願っている)
  昨日久しぶりにウクレレ教室に参加した。
 私自身の出席率は70%である。休んだ次の週の練習日は足が重い。もし休めばこのまま終わりになりそうであるが、ウクレレの弦をつま弾くと自然に出かける心準備になる。
 教室では「お嫁においで」のメロディーとコードの演習である。
 自宅ではほとんど練習をしないので教室のみがたよりである。今日は復習してみよう。

 

稀勢の里 どうするんだろう?

 稀勢の里横綱在位11場所の内完全に勤めたのは2場所である。
 不戦敗になった玉鷲と取り組めば5連敗になる可能性が大であり、事を防ぐ休場だと朝の番組の評論家は言っていた。「怪我を治して来場所にかける」と稀勢の里は毎度同じことを言ってきたが、いつ終わるんだろう?

 稀勢の里の大怪我の原因になった取組相手・元大関照ノ富士は膝の怪我で大関を陥落し今では幕下27枚目で怪我に苦しんでいるそうで、横綱大関はこれほどまでに処遇に差がある。仮にその当時稀勢の里大関であったとしたら、すでに引退していてもおかしくはない。だから横綱の責任は重大である。
 来場所にかける、来場所にかけると言ってきた横綱のそれはいつになるのだろうか?
 年齢32歳もうピークを過ぎたとみられる横綱にとってどういう姿が理想の終焉なのか?
 反面、横綱審議会や相撲協会はどう考えているのだろうか?
 26日に横審・定例会があり激励・注意。引退勧告の3つの決議のうちからの結論が予想されるが、まさか激励はありえまい。稀勢の里自身も地位に執着せず、ここまできたら潔い結論もよいのではないか。来場所がもっと良くなるとは思えない。

 

錦織 アンダーソンに完敗

 昨夜から今朝未明にかけロンドンからのATPファイナル 錦織対アンダーソン戦が中継された。試合は6-0、6-1、で錦織のストレート負け。しかも第2ゲーム5-0からはじめてサーブをキープする悪すぎた試合であった。
 錦織自身が言うとおり最悪の試合である。

 ファースト・サーブが入らない(錦織の確率45%、アンダーソン80%)。
 殆どがセカンド・サービスからのゲーム展開でしかもセカンド・サービスもコートから大きく外れるダブルフォルト等サーブが何か狂っていた。
サーブでリズムを崩しフォアハンド・ストロークを再三ネットにかけ、ネットプレーに出るもボレーミスと自滅でゲームを失っていった。完敗である。

 15日(日本時間PM11:00 )に行われるティエム戦までにサーブを修正できなければ決勝トーナメント進出は難しい。
 ティエムはオーストリア出身の25歳(185㎝、81㎏)世界ランク7位片手バックハンド。錦織との対戦成績は4勝3敗(最近6月の試合では負けている)。
ティエムは伸び盛りで過去の戦績はあてにならず昨夜のような試合をすると勝機はない。決勝トーナメント進出の条件は単純ではなくティエムに勝利しても勝ち方や他の2人の動静による。
 最近の錦織の試合を見る限りサーブで苦しむ様に見受けられる。サーブからのリズムで得意のストロークに持ち込むことが出来なけらば相手にリターンエースを与えることになる。
 錦織も稀勢の里も頑張れ、頑張れ。

 

 

稀勢の里連敗

 大相撲九州場所ではやくも2連敗を喫した稀勢の里の心情はいかがなものだろうか?
今場所は白鵬鶴竜が休場して稀勢の里の一人横綱として強さ・弱さが浮き彫りになる場所である。
 場所前には優勝を目指すと強気発言とも聞かれたが、ふたを開ければぶざまな負け姿をさらしている。
 初日は呼吸の問題で苦手貴景勝にはたかれ、前に出た相撲でよしとの評論もあったが、昨日の妙義龍戦は完敗で土俵から崩れ落ちる姿は稀勢の里の今後をうらなうような負けっぷりであった。
 今朝の新聞ではまだ温情的な記事が書かれているが、ごく一般の相撲フアンとしては従来の稀勢の里の実力だろうと酷評したい。
 腰高・脇のあまさ・立ち合いの鋭さのなさは若い頃から指摘されてきたが稀勢の里がそれらを克服しないまま横綱になった。
 従来からの修正が出来ない力士が崖っぷちと言っても急に直るものでもあるまい。
 鉄は熱い内に打てとはこのことである。
 稀勢の里の相撲には徹頭徹尾攻めまくる姿勢が見えてこない。
 白鵬との一番大きな違いは勝負に関し相撲プランが見えないことである。土俵上で受けて立つ防御相撲のスタイルでは、若手の成長著しい現在で勝つことがだんだんと難しくなって来る。
 途中休場でまた横綱不在ともなれば、休場だけではすまされなくなる。
 新聞の解説のように精神的なもので解決されるのであれば、今日をさかいに最後まで連勝を重ね優勝を勝ち取ってもらいたいものである。
 それが日本人横綱のプライドではないか?

 

錦織 フェデーラを破る

 ロンドンで開催されているATPファイナルズのレイトン・ヒュー グループの予備リーグ戦でフェデラーに7-6、6-4の2対0で勝利したと今朝の喜ばしいニュースとして流れた。
 2017年夏のロジャーカップから手首の負傷で半年間ツアー欠場して以来、錦織のプレーは最盛期を過ぎたのかと心配されていたが、今回のフェデーラ戦は2014年3月以来4年8ヶ月ぶりの勝利で錦織圭の復活を思わせる結果になった。
 勝利ランキング上位8名で争われるATPファイナルズは2グループに分けられて
   クエルテン・グループ
     ジョコビッチ
    ズべレフ
    チリッチ
    イズナー
   ヒュー・グループ
    フェデラー  
    アンダーソン
    ティー
    錦織 圭
   各グループの総当たり戦結果上位2名が決勝トーナメントに進出する。
   予選ラウンド出場および1勝は2290万円の賞金を獲得できる。
 錦織の次の相手と日程は
   ケビー・アンダーソン 30歳ランキング6位
     錦織との過去の対戦成績は錦織の6勝3敗(今シーズン1勝2敗)
   試合日程   11月13日(火曜日)14時
               日本時間 23時以降
   チリッチ・ジョコビッチが他グループにいるのも錦織にとり、ラッキーであるが
  是非ジョコビッチを破り優勝してもらいたい。