画家・河相優 遺作展を見て

 あの狂った様な夏の暑さを忘れ、今朝の温度計は23度湿度73%を示し、外はしとしと秋雨が降っている。畳8畳の家庭菜園は夏野菜の仕事を終え、わずかナスの木2本が残って玉ねぎ植えを待っている。天才バガボンのパパ・スタイルでは肌寒く七分袖の上着を着こんだ。

 2日前NHKの番組「仕事の流儀」で40歳半ばの女性コンサルの成功の生きざまを見た。成功する人は若い時から人生にかける覚悟が違うことを思い知った。
 70代の自分に今からどうもがいたところで足元にも及ぶまいが、下手な鉄炮で中途半端ではあるが多分野で得た経験を集合すれば何とかなるのかも知れない。何せ70年以上も生きてきたのだから。80歳が希望寿命なのでまだあと8年はある。何とかインテグレートして少しは世の中の為になりたい。

 昨日は30度近く温度が上昇して車のクーラを入れt運転をしながら福山市神辺町の菅茶山記念館で開催中の河相優・遺作展を見に行った。
 菅茶山も河相優氏も良くは知らなかったが河相優氏の絵は人を引き付けるものがある。絵のモットーは「風の、流れるような絵がいい」と緑多い自然を描く名人かもしれない。油彩画、水彩画の風景画・数十点が展示してあり人口40万都市福山には優れた画家が多いことも知った。
 この感動は絵を描いてみたいという気持ちにさせられた。筆を置いてもう2年になるが一度中断すると再開するのにエネルギーが必要である。涼しくなった事でもあり。

 

北海道厚真地区断水解除良かったですね

 この度の北海道地震で続いていた断水解除のニュースを見て良かったなとつくづく思いました。7月の西日本集中豪雨で私の住む地区でも断水を経験しました。何分初めての事なので何も準備をしておらず大変だったことを思い出します。わずか10日間の事ですが水道が出た時の喜びは今でも忘れません。その後飲料水を保管すべき容器を2~3個買いました。
 断水で一番困ったことはトイレの水でトイレに使う水の量が以外に多いのに驚きました。幸い近くに新幹線の湧き水を排水する場所(安全な場所)に風呂桶が置かれいつでもきれいな水が満杯の状態で流されていて、大きなバケツに水を汲み車で自宅まで持ち帰り風呂に入れて必要な都度水タンクに移して使用していました。飲料水は3km先の浄水場に車で3時間かかり取りに行ってました。やはり一番困ったのはトイレの水です。停電に断水は大変な苦労だと思いますが、幸い停電はしなかったのでクーラーを使えて夏を乗り切れたと思います。あの時女房の機転で大バケツにゴミ袋を入れて水を貯める事も覚えました。

 喉もと過ぎれば・・・で時間が過ぎれば何事も忘れがちですが今一度災害対策に準備と備えを考えたいものです。

 ソフトバンク柳田選手後頭部への打球負傷による登録抹消お見舞い申し上げます。西武ライオンズにM11が出て追い上げムードにけが人続出は大変だと思いますが、パリーグ頑張れ!!! 昨日購入した3WAY草刈り機で庭の草を刈ります。

マッサンの生まれた町の風景画・カープ一言

f:id:viejo71:20180917103619j:plain

 絵画グループ作品展に展示していた絵を昨日撤収したので下手な鉄炮の一つとして掲示します。 絵は広島県竹原市の朝ドラ「マッサン」が生まれた美観地区で瓦屋根の風景が面白く描いた絵です。この地区にはマッサンの影響か、まだぽつりぽつりと観光客が訪れています。この絵はF20号の大きさです。
 11月にスペインから出張で来日する友人に持ち帰ってもらおうと準備をしています。友人(スペイン・バスク人)の奥様は歯科医で日本の風景画を所望していたのを思いだして送る絵です。きっと歯科医院の待合室で飾られる事と思っています。

 今朝長男を広島空港に送って行きました。
 我家にまた静かな平凡な日が戻った感じがします。
 昨夜のカープの試合中継を見ました。打線は湿っています。
 他チームの若い・生きの良い投手にやられてばかりですね。ヤクルトは強いですね。来年はヤクルトか中日が優勝争いをやるのでは。反面カープは新しい若い人が出てきません。ドラフトで大学生や社会人の左投手と報徳学園の遊撃手を指名して内野の補強をするべきです。田中も30歳になるので休みながら使う事も必要です。それでもマジック4です。山陽本線三原~広島間も今月末完全開通らしく広島もにぎやかになりそう。

親子で飲む

 正月も盆も帰省しなかった長男が久しぶりに東京から帰ってきた。
 3日連休を実家で過ごすためだそうだ。
 東京にいる時は電話に出ない。なんと不義理な息子だとつねづね思っている。

 いざ帰って来るとそんな事は忘れて東京の話に花が咲く。
 うすうす妻から長男が今の会社を今月いっぱいで辞めて独立開業すると聞いていたので、その真意を確かめた。
 本当にそうらしい。長男今年で43歳でバツイチ独身である。すでに年金生活者の私には長男を援助する力を持ち合わせていないがエールを送る事ぐらいしかできない。独立は少し遅い気がするがまあ遅すぎる事はないだろう。
 タバコを止めたと言うが目下禁煙開始なのであろう。今は禁煙アプリとかあって禁煙によりどれだけ節約できたか、そして寿命が如何ほど延びたかを表示するらしく只今1万8千円と3日の寿命延長が表示されたと言う。
 一緒に住むか、近くにいれば色々話も出来相談にものってやれたのに、離婚も避けられたかも知れない。田舎を発ってもう23年が経過したと言うからほぼ東京の人間である。それでいて東京は好きにはなれないとも言う。仕事が地方も東京も変わらぬ位にあれば地方に帰る事が出来るのかも知れないが。

 月曜日には空港まで送って行くのが父親の仕事である。久しぶりの帰省で一番喜んだのは妻である。今朝は早くからお袋の味の味噌汁を食べさしていた。長男は変わった趣向がある。いつ帰省してもいつも標高500mに満たない瀬戸内が展望できる近くの山に登る。今朝も小雨が降る中出発した。
 昨夜の息子との一杯の飲みはお互いを身近に感じるひと時ではなかったのか。

 

スペイン猫事情

 スペインに住んでいた頃猫を飼っているお宅に居候していた時の話。
 敷地1500坪の大きな別荘地で建屋300坪の別荘に2か月ほど住んでいた。
 屋敷内にはキュウイやリンゴの果樹園と芝生が広大な庭を構成していた。別荘はペンションとしても利用され、当時60歳の女主人と犬2匹、猫3匹が住んでいた。

 私の部屋は日当たりの良い南向きでベランダからは手が届きそうな木々が繁る環境が優れた2階の8畳ほどの部屋であった。私が初めて部屋に入った時、ベッドには真っ黒い猫ニーナが居座っていた。なかなか人懐っこい猫で部屋から追い出すのに苦労した事がある。
 この家には他に年老いて病上がりの猫とニーナより少し若い猫がいた。食事時は若い猫が我先に食べるので他を抑えて年寄りを優先させていた。

 家が広いので日中猫はどうしているのか解らないが年老いた猫はソファーの上で1日中寝ていたのを思い出す。

 ニーナは鳥を取る。
 広いサロンの前に高さ1m程の生垣が植えられ、その外側に種類不明の木立3mの木が茂り多数の鳥が来てはさえずるノンビリした日常生活であった。
 ある日ニーナは生垣の影に隠れ鳥の一瞬のスキをねらって木に登り鳥を捕獲する瞬間を見た。家庭で飼われる猫もやはり野生の猫と同じだと感じた。

 猫は家庭内でも順列があるらしく家の主人の言う事は絶対に聞かないが、奥様の命令には絶対服従するらしい。犬と異なり猫は家からあまり出歩く事をせずソファーをベッド代わりに1日中寝ているので太った猫が多い。

 

 お願い   はてなブログのEPA71で「スペインで就職を」回想録を連載中です。

       是非一度おより下さい。

     

 

    

 

猫について 

 今朝のBS放送NHK)で岩合光昭の猫番組を見た。
 世界中の猫事情を伝える番組である。
 私は猫派ではなく犬派に近いほうであるが、もともとペットを飼った経験はない。
 いぬ年であるから猫が嫌いということでもあるまいが。家庭菜園をしているので、種や小さい苗を植えた直後の菜園に入って畑を荒らしまわるので自分にとって、猫は天敵である。猫が入ると棒を持って追い回すから私の顔を見るなり逃げ回り寄り付かなくなった。その上猫除けのフェンスとネットを設けたり対策も大変である。
 住宅団地で家庭菜園をやられる方は同じ思いをされた方々も多いと思う。

 随分昔、近所に野良猫に餌をやられる方がいて、飯時には30匹ぐらいが集まって飯をねだる風景にはぞっとした経験がある。
 妻の実家では犬・猫両方を飼った経験があるそうだが、上下の区別が出来ない猫は嫌いだそうだ。
 犬は盲導犬とか警察犬・番犬とか人間の役に立つから好き嫌いの対象になるのかも知れないが、猫には人を癒す力があるのだろう。
 最近の犬は小型化しやはり人を癒す傾向の猫化をしているような気がする。
 子供達が小さい時捨て犬を拾ってきて飼うことを懇願したことがあったが、我々夫婦が共稼ぎのため許可しなかった事がある。

 この年になると、どちらかを飼っても良いと思うが、自分が先に逝きそうで残すのも哀れで決心がつかない。妻は私が亡くなったら犬を飼い私と同じ名前をつけると言うからこらえてくれと思う。次回はスペインの猫事情を書いてみたい。

大坂なおみオメデトウ、稀勢の里頑張れ、カープ何しとる

 大坂なおみチャン、全米オープン優勝おめでとう。お父さんの故郷ハイチでも優勝を祝っていたよ。最初なおみチャンを見た時は何人かと思ったことがある。日本生まれのアメリカ育ちなので。日本語がぼちぼち上手くなっている。それにしても誰もなしえなかったグランドスラム初優勝は目出度いことだ。20歳ぜんぜん若い。セリーナみたいに20勝以上は可能だ。少しむらっきが強く簡単にゲームを落とす事も多い気がする。2つ目のグランドスラムを取ったら本当のオメデトウを言いたいね。がんばれなおみ。

 日本ではよく伝わらなかったブーイングはアメリカの恥知らず共の行為である。なおみもアメリカの国籍も持っているのをしらないのか?全米のタイトルは取ったのでアメリカはもうよい。全豪・全英・全仏で優勝を重ねよう。頼まれてもアメリカに行かぬように(スポーツマンシップを解さない国アメリカへは)

 稀勢の里なんとか勝っているがまだまだ危なっかしい相撲だね。11勝が合格ラインらしいのでそれ以上勝つことですね。稀勢の里の場合、立ち合いが全てに思える。立ち合い・踏み込み良ければ流れはついてくる。
 稀勢の里を除いても話題の多い場所である。
大関横綱が6人揃っての相撲は迫力がある。御嶽海の大関とり、栃ノ心のカド番脱出、阿び、朝の山・豊山の活躍、阿武咲の復帰。中入り後の話題は尽きない。稀勢の里が頑張ればまだまだ相撲人気は天井知らずだよ。

 カープの試合は最近夏バテ・秋バテなのか精彩がない。先発はうたれ押さえもしゃきっとしない。広島市内は早優勝セールの準備をしていると言うのに。投手陣の不振に同調するように打撃陣の不調と西川の致命的なエラー。フランスアみたいな若手の飛出しは絶対必要である。菊池・田中は控えに回しても良いのでは。彼らは完全なアウトを稼ぐアウトマンである。とにかく総力をかけてぬかるみから脱出することが絶対に必要である。